トップページ > TOYOAS NEWS

株式会社 東洋アソシエイツ│TOYOAS NEWS | TOP

ロシアで見かけた古い旋盤
弊社社長が昨年ロシアに出かけてきました。そこでの散策記を少しご紹介。
世界遺産、赤の広場とクレムリン宮殿
株式会社 東洋アソシエイツ | TOYOAS NEWS | ロシア世界遺産

株式会社 東洋アソシエイツ | TOYOAS NEWS | ロシア世界遺産 株式会社 東洋アソシエイツ | TOYOAS NEWS | ロシア世界遺産
株式会社 東洋アソシエイツ | TOYOAS NEWS | ロシア世界遺産 株式会社 東洋アソシエイツ | TOYOAS NEWS | ロシア世界遺産
ロシアの有名なモスクワの赤の広場とクレムリン宮殿。さすが世界遺産、荘厳で美しいところでした。
モスクワから北西におよそ90km、都市クリン
株式会社 東洋アソシエイツ | TOYOAS NEWS | チャイコフスキーの家
チャイコフスキーの邸宅、今は博物館になっています。
モスクワに次ぐ、第二の都市 サンクトペテルブルク
サンクトペテルブルクは文化と芸術の都、宮殿、噴水庭園などがすばらしく、
特にエルミタージュ美術館の建物と展示物はベルサイユとルーブルにも匹敵する
と感じました。 数々の美術品を足を棒にして観覧していましたら、機械工具の古
い展示作品に思いがけず出会いました。
株式会社 東洋アソシエイツ | TOYOAS NEWS | ロシア世界遺産 | 古い旋盤
西暦1717-1729年、ピョートル一世が燭台を作るのに使用した旋盤。
株式会社 東洋アソシエイツ | TOYOAS NEWS | エルミタージュ美術館 | 古い旋盤 | 燭台 株式会社 東洋アソシエイツ | TOYOAS NEWS | エルミタージュ美術館 | 古い旋盤
株式会社 東洋アソシエイツ | TOYOAS NEWS | エルミタージュ美術館 | 古い旋盤
燭台(ろうそくの台)
旋盤
株式会社 東洋アソシエイツ | TOYOAS NEWS | エルミタージュ美術館 | 古い工具 株式会社 東洋アソシエイツ | TOYOAS NEWS | エルミタージュ美術館 | 古い工具
測器
工具
株式会社 東洋アソシエイツ | TOYOAS NEWS | エルミタージュ美術館 | 古い工具 株式会社 東洋アソシエイツ | TOYOAS NEWS | エルミタージュ美術館 | 箱型ジャーナルジャッキ
工具
左は箱型ジャーナルジャッキ。日本でも
50年位昔にはまだ使われていた。


現代でも通用しそうな立派な旋盤とフライス盤のような機械もありました。これらの機械は西暦1717-1729年頃ピョートル一世が数々の作品を製作したものとして紹介されていました。およそ300年前にこのような洗練された工作機械が作り出され、数々の工具や測器が作り出されていた事を思うと、当時の帝政ロシアの国力と豊かさを垣間見る思いでした。同じ時期、我が国では徳川光貞(家康の孫)が没した頃で武具と手農機具程度で機械らしい機械は生み出されていなかったようです。ロンドン科学博物館の資料によれば、最古の旋盤は手持ちのバイト(切削刃物)を回転被切削材に押し当てて加工していたそうです。1780年にモーズリという人が世界ではじめて、機械送りの刃物台と親ネジを備えた機械式旋盤を開発したとありましたが、ピョートル一世の機械旋盤は1717年には使い始めていたようなので、モーズリより50年ちょっと前という事になり不思議です。ロンドン科学博物館はロシアの工作機械の情報を入手していなかったのでしょうか?


株式会社 東洋アソシエイツ | TOYOAS NEWS | エンドタイトル

★本ホームページに 掲載した情報について、各ページに表示・記載されている個々のデザイン・画像・文字情報を無断で複写する事を禁じます★
Copyright (C) 1980-2017 Toyo Associates LTD. All Rights Reserved